隅田川にかかる跳開橋。中央部を跳ね上げて船舶を通す構造です。通航する大型船が無くなって、1970年11月以来「開かずの橋」となったが、設備はすべて残されています。運転室や信号機、道の分かれ目などが見どころ。たもとに橋の歴史を紹介する「かちどき橋の資料館」(築地6-20-11、火、木、金、土曜開館)も。ファミマ色のライトアップで知られています。